医療機関の環境を改善

モンスターペイシェントへの対応は、全国の医療機関において大きな問題のひとつとして捉えられることがあります。医師や看護師はもちろんのこと、コメディカルや医療事務などのスタッフも、しっかりと理解を深めることが望まれているようです。
迷惑行為を行う患者の数は、年々増加しているといわれています。しかし、その原因が多種多様であることや、医療機関に対する不信感などから、問題につながっていることが指摘されているのです。そうした中、専門的な対策チームを医療機関内に設置することにより、モンスターペイシェントに上手く対応しようとする動きがみられています。一般的に、無理難題を押し付ける患者の多くは、外来に集中しているといわれています。まずは、受付などで事細かに主張を聞き入れることがポイントとして挙げられるのです。また、医師や看護師などの医療スタッフが、患者に対して病状や検査の方法などを丁寧に説明するということも重要となります。それによって誤解を招くリスクを低くしたり、いざというときにも冷静に対応を取ることができるからです。
モンスターペイシェントの特徴については、画一的に判断をすることが難しいものの、時には行政や警察などの職員にヘルプを求めることも良いとされます。医療機関の秩序を守るには、実にさまざまな対策が必要となります。まずは、患者の人権や立場を尊重しながら、毅然とした態度で接することが大事です。今後も、医療機関の適切な環境づくりについて、あらゆる方面からの注目が集まるとみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です