仲間と協力体制を築く

医療現場で問題として取り上げられているテーマの一つが、モンスターペイシェントです。これは、医師や看護師などに対して理不尽なクレームをつけたり、時には暴力を振るう患者のことを指し示しています。確かに、これまでも問題ある患者がいたことは事実です。しかし、次第に社会問題として捉えられるようになり、改善への取り組みが重視されています。特に、看護師は患者と接する時間が長いことから、モンスターペイシェントからの影響を受けやすい傾向にあります。女性看護師であれば、セクハラ被害も起こりうる問題です。医療従事者としては、問題ある患者の対応策には興味があるかと思います。
こうした問題に直面する看護師が医療現場で取りうる対応方法として、周囲との協力体制を欠かさない点が重要です。一人で問題に対応するには、限界があります。しかし、二人や三人さらにそれ以上の仲間が協力すれば、問題は解決できる可能性が高いです。問題を引き起こすモンスターペイシェントも、その行動には何らかの原因がある可能性があります。医療現場の仲間同士で、看護師や医師が協力して問題解決に取り組むようにすれば、状況が改善されるでしょう。問題対策には一つの医療現場内だけでなく、医療に従事する各看護師や医師同士との連絡も効果があります。同じような悩みを抱えている医療従事者は世の中に多くいて、協力できる仲間を探しているのです。医療機関の枠を超えて協力体制を築くと、これまでは解決が難しかった厄介な問題も解消できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です