モンスターペイシェントの被害を防ぐ対策

モンスターペイシェントとは、医療行為に対して納得できないことがあれば医者や看護師を罵ったり、診療の妨害となるような迷惑行為をする患者のことです。年々このような人が目立ってきている状態で、病院側でも被害が相次いでいます。特に、患者と接する機会が多い看護師は被害を受けやすい立場となり、ストレスを大きく感じる人も少なくありません。入院している患者であれば、本来その家族が被害を抑えるところです。しかし、家族も一緒になって病院を追い詰めるということも起きています。
病院は患者にふさわしい診療体制で状態を診ていますが、それに納得できずに度を越した行為で迫ってくるので手に負えなくなってしまうのです。納得できなければ診療体制を変えていくこともできますが、それも上手く話し合いができない状態となってしまいます。このため、病院側ではモンスターペイシェント対策として、マニュアルを作るところが増えてきました。
モンスターペイシェント対策は、相手が強い態度に出てきたとしても、愕然とした態度で冷静に話しをすることが基本となっています。反対に、相手に合わせて強い態度に出てしまえば、相手を更に逆上させてしまう可能性が高いからです。また、ミーティングのときに他のスタッフにも注意を促しておくことや、婦長や医師に対応を代わってもらうことも勧められています。あまりにも迷惑行為がひどければ、警察官に対応してもらうことも視野に入れてトラブルを大きくさせないようにしていくといいでしょう。まずは患者に冷静になってもらいその要求に耳を傾け、無理な場合は謙虚に断っていく姿勢を見せなければいけません。モンスターペイシェントの対策について〈詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です